託児所の開業に必要な認可外保育施設の届出ポイント3つ(入門編)

こんにちは。永作です。

私がママスマのフランチャイズオーナーとして、1号店を開業したのが約3年前になります。
元々、某フィットネスチェーンのフランチャイズ本部社員として、長らく勤めていた経験もあり、当時はフランチャイズに加盟をする事自体を選択肢としてほとんど考えていませんでした。
フランチャイズのメリットもデメリットも痛いほどよく理解をしていたつもりでしたので、私自身が店舗ビジネスをやる場合は、加盟金もロイヤリティも必要のない自社ブランドでやろう、と90%以上思っていたのが正直な所です。

ただ結果としてママスマにフランチャイズ加盟し、託児所を開業する道を選んだのですが、その加盟の検討を進めた1つの理由に、認可外保育施設の届出と毎年の監査が必要という点でした。

そもそも認可外保育施設の届出って何??
監査って何?

日本で保育関連の店舗を開業しようとする場合、勉強しないとわからない事が山ほどあります。
ネットで検索して時間かけて調べて勉強して、自分で道を開拓していく事ももちろんできます。当時は私も、自分で調べればなんとかなるでしょ、と思っておりました。

ただ、
調べても調べてもわからない事が多すぎ
・サイトによって書いてあること違いすぎ
問い合わせてもわからない公務員多すぎ

と途方に暮れてしまいました。

日本中に、ママスマみたいに、当日予約もできて預ける理由も問われない託児所、がもっと増えてくれる事を願いブロマガを書いています。これから託児書を新しく開業する、という方が、きっとつまづくであろう認可外保育施設の届出方法から、監査対応に至るまで、ママスマが長年溜めに溜め込んだノウハウを公開していこうと思います。

今回は入門編として知っとくだけでかなり時間を削減できる知識をご紹介します。
細かく書き始めると長編になりすぎるので、ものすごーーーーく省いて、本当に必要な使える部分の知識だけに絞ります。

【3つのポイント】

  1. 検討している業態が認可保育か認可外保育施設かを確認する
  2. 検討している出店地域のホームページ(都道府県市区町村)を調べる
  3. 監査をクリアしやすい施工プランを作る
記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら