託児所開業のベスト立地とは。成功確率を高める物件の選定ポイント。

こんにちは。永作です。

独立検討中の方は物件選定で頭がいっぱい、という人も多いかもしれません。

コンサルタント、または検討中のフランチャイズの営業マンからも言われているかもしれませんが、店舗ビジネスにおいて出店立地は、もちろん重要な要素となります。

ですが、あくまで必要な要素の1つです。

コインパーキングや無人の業種業態を除いては、立地さえ良ければうまくいく、なんてコトは絶対にありえません。
ですが、やっぱりどんな事業をやるにも物件選びで失敗はしたくないものです。
どういう物件が本当にその事業にとって良い物件なのか、を見極める力をつける事は、やっぱり大事ですので、これから物件を探して事業を始める人にとって、少しでもプラスになる情報になればと思います。

またこれまで物件選びで失敗をした人にとっても、次の出店では失敗しないよう、どのポイントを整理するかの参考にしてもらえればと思います。

今現在検討中のあなたには、フランチャイズの営業マンと不動産屋の営業マンが、あなたにその物件を契約させる為に、タッグを組んでいる、という事も、日常茶飯事で行われている事ですので、営業マンの営業トークも見極める為の情報の1つとして、捉えるようにしてくだい。
最終的にその物件で利益を出せなかった時に、責任を取るのは自分、なので、周りの人の意見は、「なるほど〜」と聞き流す努力をし、最後の決断は必ず自分でしましょう。

自分で決めた、という事が、その後の事業を継続していく過程で、とても重要な要素になりますので。

さて物件選定の話に戻りますが、当然、ママスマのような一時預かり専門の託児所にとっても、向いている物件とそうでない物件があります。

それは飲食店にしても、保育園や託児所にしても、最低レベルの条件があリます。
間違えてはいけないのは、「絶対に成功する物件を見つけたい」と、思って探していると痛い目を見ます。

絶対に成功する物件なんて存在しません。

物件探しは、失敗確率を減らす最低レベルの条件は存在するので、そこに該当する物件を選ばない、という事が大事です。

新規独立を考えている、という方は、その検討しているビジネスの最低レベルの物件条件を必ず把握しましょう。
仮に物件を賃貸して、店舗ビジネスを行う場合、ざっと以下の項目だけでも基準がないと危ないです。
今、探している物件の以下項目は明確か確認してみてください。
もし明確になってない項目があれば、誰かに相談したり、自分で調べたりして、まずは明確にしましょう。

・物件の大きさ
・家賃の上限
・物件の形
・路面店が良いか、空中階でもOKか
・ショッピングセンターや商業施設内のテナントが良いか
・駐車場あり、なし

近藤がママスマを立ち上げた際に苦労した1つにも、物件取得が課題としてあったようです。
初めて物件を借りて事業をやる、という人にとって参考になる内容かと思いますので、まだ見てないという方は先に近藤のブログを読んでから、このブログに戻ってきてくださいね。

近藤美奈子ブログ

では、ママスマのような一時預かりを専門とする託児所にとっては、どういう立地や物件条件が望ましいのか、実績データに基づいての考察と私個人の経験や実践している事をご紹介していきます。

もし近くに相談をする人がいない、という方は、現在特別期間中で、会員の方には無料でご相談を受付中です。
ご相談対象は託児所に限りませんので、物件選定に関してご相談がありましたら、会員にご登録の上、問い合わせフォームより詳細ご連絡くださいませ。

1、保育園や幼稚園と選定基準は一緒なのか?

全く、、違います。

つまり、保育園とは業種が全く異なると認識するべきです。
これが中々難しいものなのです。

なぜ違うのか。

利用される目的が大きく違うからです。

同じ保育関連の事業であっても、保育園とママスマは全く違うサービスを提供する、店舗なのです。
公立小学校とサッカースクール、くらい違います。
コンビニとケーキ屋、くらい違うわけです。

国からの補助金をもらい定員を常に維持し続ける事が、保育園のビジネスモデルです。

その場合に、これから新規開業をするにあたって望ましい立地は?
・0歳から5歳児の人口の張り付きが多い方が良い
・移動商圏が10分から15分圏内
・近隣に同様の保育施設が少ない方が望ましい

などなど、なんとなく想像しやすいですよね。

一時預かりを事業のメインにする託児所が、上記と同様の基準を優先順位の高いところにおいて物件探しをすると、結果大失敗します。

2、一時預かり専門託児所にとって良い物件とは

記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら