コンサルタントという名の営業マンに要注意

こんにちは。永作です。

協会って名前がなんか敷居高そう、保育関係の仕事してないと会員になれなさそう。
みたいなイメージを持つかもしれませんが、月額500円で、もちろん個人でお仕事されていない方や学生の方でも、会員になってもらってOKなめちゃくちゃ敷居の低い、協会です。

今のところ、フランチャイズや託児所開業関連に関する内容がメインになってますが、今後は「子育て」「育児」に関連するコンテンツやコラボ企画もどんどん増えていきますので乞うご期待。

そして今だけの、「会員限定無料ビジネス相談」、も実施中ですので、
・起業を考えているけどなかなか踏み出せない方
・副業をしたいと思っているけど何から手をつけて良いかわからない方
・既に取り組んでいるフランチャイズビジネスがうまくいっていない方
・新規事業で検討しているフランチャイズに加盟して良いかどうか悩んでいる方

などなど、会員の方は、問い合わせフォーム、よりご連絡くださいませ。

あと、ママズスマイル協会と一緒にこういう事やってみたい!というようなビジネスアイデアも随時募集してます!!

 

さて今回は、コンサルタントという名を使う人に気をつけよう、という話です。

・経営コンサルタント
・ECコンサルタント
・スーパーバイザー

これらの名前がつく人は皆営業マンだ、と思っていた方が、良いです。

広告を売る事がメインのECコンサルタント

これから起業しようと思っている方や、副業でも、ネットショップを開設してみよう、と思われている方も多いかと思います。

ヤフーショッピング、楽天市場、amazon、辺りが大手ネットショップサイトです。

これらでショップを開設すると、ECコンサルタントと呼ばれる人や担当という人がつく場合があります。
なんだか担当がついて心強い、と思う方もいるかもしれませんが、その解釈は大きな間違いです。

実態は、

売上を上げるサポートをする、という名目の、

「ネットショップ内の高額な広告を売る営業マン」

です。

ネットショプは、1ページ目にある商品が最も売れます。
2ページ目以降は1ページ目の商品と比べて売上が一気に下がります。

さらに1ページ目の中でも基本的には上段表示されてる商品から売れていきます。

そしてネットショップごとで行われる「セール」に商品が掲載されるか、されないか、で全く売上が異なるのです。

誰もが知る有名ブランドの商品や、認知度が高い商品は、ネットショップ運営側がお客を集める目玉として優先的に上位表示をさせたり、セールページに掲載したりします。

当然、ネットショップを始めた人は、扱っている商品が売れる事を望みます。
その時に、コンサルタントという営業マンから以下のような事を言われます。

記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら
>全ママは、自由だ。

全ママは、自由だ。

ママズスマイルは、すべての母親とそれを取り巻く人たちの味方。
新しい時代の子育て社会を、明るく照らすような存在でいられるように。ご支援ご協力をお願いいたします。

CTR IMG