組織もサービスも「ストレス」で破綻をする

こんにちは。永作です。

フランチャイズのセミナーに行ってよく言われるのは、

本部と加盟店はWIN-WINの関係です。

もう定形分になってるでしょ、っていうくらい聞きます。

ですが、本当にWIN-WINを考えられてできたサービスやフランチャイズってどのくらいあるのか?

というのは甚だ疑問であります。

そもそも、

仕組みやサービスがWIN-WINを考慮した上で作られていなければ、WIN-WINなんて成立するはずがありません。

誰かが苦しい思いをしてれば、それは仕組みのどこかに欠陥がある、と考えるべきです。

うつ病になる人が沢山いる会社は、WIN-WINの仕組みができてるでしょうか?

できてるはずがないですね。

毎日授業参観OKの学校に先生は就職したいだろうか?

WIN-WINの状態というのは、

そこに関わる全ての人にとって良い状態、です。

仮に毎日授業参観OKという学校があった場合、あなたはその学校に就職したい、って思うでしょうか?

親からしたら安心感があって良いかも、と思う人もいるかもしれません。
では、働いている先生はどうでしょうか?
授業を受ける子供達はどうでしょうか?

僕がもし先生だったら、
毎日親がいてプレッシャーだなー、親の顔伺いながら授業するの疲れそうだなー、と思って100%その学校には就職しようと思わないと思います。

例えばありがちなのは、監視カメラをオフィス内につけてる企業もあります。
防犯上の理由ではなく、社員が仕事中にネット検索してサボってないか、とか、管理する為にです。
一見、仕事をしっかりしてもらう為だから仕方ない事じゃないかな、と、思う方もいるかもしれません。

ですが、

もし仮に世のビジネス書やセミナーで言われている成功に必須の条件である「WIN-WIN」の構築が本当に必要なのだとしたら、監視カメラで管理する仕組みがある会社は、間違いなく成功しない、という事になりますよね。

社員の事を疑って、監視しなければいけない仕組み、を採用している会社とWIN-WINの取引などできるはずがありません。
ましてやその会社が作るサービスに、関わる人全員のWIN-WINを考慮されているとは到底思えません。

ストレスを多く抱えているポジションの人はいないだろうか

3つ星レストランのフルコースが1500円で食べられる店があったとしても、

そこで働くスタッフさんが時給500円で働かされていたとしたら、

そのお店が長く続かない事は誰の目からみてもあきらかです。

これは、極端な例ですが、企業が倒産したり、サービスがうまくいかなる理由は、このレストランの話と対して変わりません。

ほんのわずかだとしても、ストレスがかかってる部分に気づく事ができなければ、結果として破綻に向かいます。

それは友人関係や恋人関係でも同じです。

誰かが我慢をする事で成り立っている関係は、いずれ破綻をします。

私さえ我慢すれば成立する、というチームや組織や関係は、どこかで必ず終わりを迎えるのです。

つまり、

記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら