一時預かり専門託児所(ママスマ)にとって良い物件とは

こんにちは。永作です。

ママスマ開業までの解説シリーズです。
前回は予算と開業までの大まかな流れについてご紹介しました。
まだご覧になられてない方は先に前回の記事を読んでいただいてから今回の物件編をお読みいただくのが良いかと思います。
前回の記事はこちら⇨【予算と流れ編】

さて。
何をもって良い物件と判断をしていくかの基準ですが、ママスマでは以下の2つに比重を置いてます。

・継続的売上を作れる店舗
・行政の監査基準をクリアする店舗

この2つを実現する為に必要なポイントが以下3つとなります。

1、利便性
2、継続性
3、安全性

一時預かり以外の事業をご検討の方でも応用できる部分は多くあるかと思います。
物件選びをする際のヒントになれば幸いです。
ではそれぞれ解説していきます。

1、利便性

当然ですが多くのママ達に利用してもらえる店舗が売上の良い店舗、となります。
ただし、実は売上の良い店舗の構成要素の、70〜80%は物件以外のところにあります。
つまり、成功店舗の要因は、働くスタッフやマネジメントをするリーダーなどの人的要因、が多くを占めているのが本当のところです。

とはいえ、物件要素も20〜30%はあるわけですので、物件も外さない事が成功確率をあげる為には、もちろん重要です。
※だけど物件だけ良くてもダメなのでそこは要注意です

では、ママスマにとっての利便性は、

記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら