男性社会のマネをするな

こんにちは。近藤です。

なんだかこの気圧のせいで身体が
ダルいーーなんて人も多いのでは
ないでしょうか??

最近は会う人が皆、いくら寝ても眠い
みたいなことを言っていて、なんか
そんな時期なのですかね(>_<)

先日、起業したての女性個人事業主さんの
相談を受けてきました。

旦那様が大手企業にお勤めでいるからか
すっごい色々アドバイスやら手ほどきやら
受けているらしいのですが、

私、まったく真逆の事を言ってきました笑。

旦那様、お聞きしたら私とそんなに年が
変わらないから似たような時代を過ごして
きてるんですよね。

ゴリゴリの営業世代なんだろなー
そしてモロの男性社会。

起業したてだったり、新しい事業を
始めるときやりがちなのが、

「社会にくってかかる」ことかなと
私は思うんです。

もれなく私もやっていました苦笑。

だからこそ今は思うし言えるのですが
女性は、

男性社会のマネをしないこと

がキモになると思うのです。

そもそも女性は単純に「ムリがきく」。

男性より基本タフですよね。

だから男性と同じように休みなく働いたり
負けない!とばかりに役職を望んだりしますが、

本来の女性は毎月生理があるくらいだし、

自由に働きたいとき働いて、
休みたい時に休めるポジションを
得るべきなんだと思うのです。

男性経営者の方は女性スタッフさんを
そういう感じに雇用してあげたら、

めちゃくちゃ業績あがるだろうにな
と本当に思ってます。

ママスマでもほとんどの直営店の
パートさんが子どもがいるので、

勤務当日の朝に「子どもが熱出して、、」
とお休みする方たくさんいます。

私は、当日の朝に「今日めちゃくちゃ
気分が乗らなくて、、」

って休める環境にまで会社を
持っていきたい笑。

でも、起業したてだったり新しくお店を
女性に任せたりすると

男性と同じように働かないと成功
しない、男性社会に進出しないと
うまくいかない

と思ってがむしゃらに働こうとするし、
働かせようとします。

休もうものなら、始めたばかりで
自分が休むなんてありえないと
自らを鼓舞する。

そして男性経営陣に「くってかかる」。

そうしないと対等じゃない、なれないと
思い込んでるからです。

男性社会のマネをしたってうまくいかないし、
男性社会の構図に女性を引き込もうと
したらうまくいかないと思います。

男性は自分を整えることが得意な
人が多いけど、女性はとても苦手です。

自分を整えることがいかに大事か
私は身を持って知っているので、
スタッフさんたちにはいつもいつも
伝えるようにしています。

今回はそのことを書いた内容の
直営店スタッフさんに向けて定期的に
流している身内ブログ➁を公開しますね。

*5月末に流した社内ブログです。

記事の続きを読むには会員登録が必要です。

> 有料会員のお申し込みはこちら
>全ママは、自由だ。

全ママは、自由だ。

ママズスマイルは、すべての母親とそれを取り巻く人たちの味方。
新しい時代の子育て社会を、明るく照らすような存在でいられるように。ご支援ご協力をお願いいたします。

CTR IMG